金額の正式表記

中国語には金額を正式に表記するために、通常の数字に使う漢字とは違う漢字を使います。

中国語ではこの金額正式表記のことを大写dàxiě)といいます。主に各種会計証票に使われます。日常生活ではほとんど目にしないかもしれませんが、会計の仕事に携わる場合は必須です。

スポンサーリンク

金額の正式表記に使う漢字

次の表の「大写」列の漢字が金額の正式表記に使われます。金額にの単位がない場合はもしくはの後ろにと書きます。

通常大写拼音数字
1
èr2
sān3
4
5
liù6
7
8
jiǔ9
líng0
通常大写拼音
fēn0.01
jiǎo0.1
yuán1
shí10
bǎi100
qiān1,000
wàn10,000
亿亿1億
zhěng元ちょうど

と表記してもよい。

金額の書き方例

実際にどうやって書くか見てみましょう。

金額口語正式表記
175元一百七十五块钱
yībǎi qīshíwǔ kuàiqián
壹佰柒拾伍元整
2803元两千八百零三块钱
liǎngqián bābǎi língsān kuàiqián
贰仟捌佰零叁元整
64.19元六十四块一毛九分
liùshísì kuài yīmáo jiǔfēn
陆拾肆元壹角玖分

なぜ金額大写で書くのか?

なぜこのような金額大写が存在するのかというと、見間違いのないようにするため、もしくは改ざんを防ぐためなどの理由があるようです。確かに「1」を「7」に改ざんするのは棒一本加えるだけで簡単なうえ見ても気づきにくいのですが、さすがにに改ざんすることは不可能、というか容易に見破ることができますね。

日常生活においては、一度だけ「金額を正式表記で書け」と言われたことがあります。中国の銀行から日本へ送金するための申込書に記入しているときのことです。

法律的根拠

关于印发《会计基础工作规范》的通知 の第52条に大写の書き方が詳しく定められています。普通の中国人でも知らない人がほとんどなので、重箱の隅をつつくが如くですが、正確には、

  • 金額の先頭に貨幣の種類を書かなければならない。
  • その貨幣の種類と金額の間に空白があってはならない。

などの細かな規定があります。つまり、正しくは人民币壹佰柒拾伍元整というように書きます。

もし関係法規の詳しいことが知りたいという方がいらっしゃったら、中国財政部のホームページ(http://www.mof.gov.cn/)から探せますので、そちらをご覧になってみてください。

ホーム / 現代中国事情トップ / 中国企業会計へ戻る

このページをシェアする

スポンサーリンク