中国国家主席の公式訪問と報道の中の役職名

現在、中国の習近平国家主席がイギリスを公式訪問中です。中国のマスコミはこぞって中英関係の密月っぷりを大々的にアピールしているようです。イギリスのBBCは「女王とコミュニストが並んで映るなどというありそうにない光景」などとちょっと皮肉も言ってみたりしている様子ですが(笑)。

スポンサーリンク

報道の中の役職名

さて、この公式訪問に関連した時事用語の紹介の前に、役職名がどう報道されているかを見てみましょう。

  • 中国国家主席习近平(中国の習近平国家主席)
  • 英国首相卡梅伦(イギリスのキャメロン首相)
  • 英国女王伊丽莎白二世(イギリスのエリザベス女王)

おもしろいことに日本語と語順が逆なんですね。ニュース映像やニュース記事による報道の中では、役職名の後に名前が来る語順になるんです。日本の安倍首相も中国語だと日本首相安倍晋三となりますし、アメリカのオバマ大統領も美国总统奥巴马となります。

このように、中国語による報道では役職名を前に置くと覚えておくとよいでしょう。中国語の報道文を日本語に訳す場合は、名前を前に出して後ろに役職名を置いた方が自然な訳文になります。「イギリス首相キャメロンは…」などと直訳してしまうとおかしな日本語になるので、日本語に訳す時はこの語順の違いを思い出しましょう。

ちなみに英語だと中国の習近平国家主席は「Chinese President Xi Jinping」、イギリスのキャメロン首相は「UK Prime Minister David Cameron」となることから、語順的には中国語と同じです。こちらも日本語に訳す時は注意するとよいでしょう。

公式訪問に関連する時事用語

よく使われる、または覚えておくと役立つ用語を紹介します。

国事访问
guóshì fǎngwèn
公式訪問
国家の役職者が他国を公式訪問する時に使う。
经贸合作
jīngmào hézuò
経済的な協力
経済と貿易の協力という意味。
英国首都伦敦
Yīngguó shǒudū Lúndūn
イギリスの首都ロンドン
地名などの報道は日本語と同じ語順になる。
中英两国
Zhōng-Yīng liǎngguó
中英関係
二国関係を表す場合は、必ず自国が前に来る。日本と中国の関係を表す時も、日本では日中関係といい、中国では中日关系という。
深化关系
shēnhuà guānxi
関係を深める
深化两国关系(二国間の関係を深める)などのように使う。关系は軽声で発音する。
发挥作用
fāhuī zuòyòng
効果を発揮する
它能够发挥什么样的作用(それはどんな効果を発揮するのか)や在中国金融市场现代化和全球化发展进程中发挥积极作用(中国金融市場の現代化とグローバル化の発展プロセスの中でプラスの効果を発揮する)などのように、发挥作用の間に効果を修飾する語句が入ることがある。

以上、中国国家主席の公式訪問に関連する報道用語でした!

このページをシェアする

スポンサーリンク