この歌がおすすめ!周杰倫(Jay Chou)その1

葉恵美(DVD付)

それではまず周杰倫から紹介しましょう。

  • 簡体字名:周杰伦
  • 繁体字名:周杰倫
  • ピンイン:Zhōu Jiélún(ZJL)
  • 英語名:Jay Chou
  • カタカナ名:ジェイ・チョウ
  • 日本語Wiki:Wikipedia 周杰倫

周杰倫は1979年生まれだそうで、私と同い年。なので私は勝手に親近感をもってます(笑)。中華アーティストでは唯一、私がライブを見に行ったミュージシャンでもあります。

中国語学習サイトで「勉強になる歌手」として彼を第一に挙げるのはちょっと異論があるかもしれません。というのも彼の発音はあまりはっきりしてないので、中国人でも歌詞が聞き取りにくいという曲も多いんです。でも音楽という観点からすれば、私にとっては最も好きなアーティストです。なので一番に紹介します(笑)。しかも5曲には収まらないので、3回に分けて15曲紹介します。それほどいい音楽を世に出しているミュージシャンだと思うんですよ。

作曲を自身でやってしまったり、ライブではピアノも弾ければギターも弾けるということで、ミュージシャンとしても尊敬できるアーティストなんですね。自分の歌を作曲するだけでなく、他のアーティストにも曲を提供するほどの存在。中華圏のファンからは周董と呼ばれているらしいです。(董事とか董事長の略で「取締役」もしくは「代表取締役」という意味です)

曲調は哀愁漂う感傷的な曲あり、心地よいループのR&Bあり、早口のラップあり、泣きのバラードありと多岐に及んでいます。そしてなんといっても素晴らしいのは、YouTube上にほぼ全曲、公式のミュージックビデオがアップされているんですよね。さすが周董、太っ腹です(笑)。

それでは最初の5曲をバラードから紹介しましょう。

スポンサーリンク

バラード第1位『安静』

バラード第1位は周杰倫の中では私の最も好きな曲である『安静』です。

  • 簡体字名:安静
  • 繁体字名:安靜
  • ピンイン:Ānjìng
  • 中国向けリンク:QQ音乐 安静

初出は2001年。ピアノのイントロから始まる静かなバラードですが、ボーカルは後半に行くにつれて徐々にアツくなっていきます。

バラード第2位『擱淺』

バラード第2位は名アルバムである『七里香』に収録されている『擱淺』です。

  • 簡体字名:搁浅
  • 繁体字名:擱淺
  • ピンイン:Gēqiǎn
  • 中国向けリンク:QQ音乐 搁浅

初出は2004年です。まさに私が中国へ渡った年です。個人的に留学当時のことが思い出されて聞くたびに感慨深くなる曲です。特に3:31からのサビのキーが上がるところがイイ!

バラード第3位『藉口』

バラード第3位は同じく『七里香』に収録されている『藉口』です。

  • 簡体字名:借口
  • 繁体字名:藉口
  • ピンイン:Jièkǒu
  • 中国向けリンク:QQ音乐 借口

本当にこの『七里香』というアルバムは名曲だらけなので、アルバムごと買っていただいても良いと思います。ピアノのフレーズから始まる曲ですが、最初のおとなしめの歌い方からサビでは熱くなっていくところが好きです。

バラード第4位『一路向北』

バラード第4位は映画『頭文字D』の劇中歌である『一路向北』です。

  • 簡体字名:一路向北
  • 繁体字名:一路向北
  • ピンイン:Yīlù xiàng běi
  • 中国向けリンク:QQ音乐 一路向北

『頭文字D』は中華圏で実写映画化されていて、周杰倫は主人公役で主演しています。そればかりか、劇中歌を何曲か提供していて、この歌はそのうちの1つです。イントロに車の排気音が入っているのはそのためです。なんといってもイントロから流れる哀愁のギターリフが良い!

映画に興味のある方は、日本でもDVDが手に入るのでご覧になってみてください。

頭文字[イニシャル]D THE MOVIE スタンダード・エディション [DVD]
頭文字[イニシャル]D THE MOVIE スタンダード・エディション [DVD]
フェリックス・チョン
エイベックス・ピクチャーズ 2011-10-17

Amazonで詳しく見る

バラード第5位『不能說的祕密』

バラード第5位は『不能說的祕密』です。同名の映画のテーマ曲でもあります。

  • 簡体字名:不能说的秘密
  • 繁体字名:不能說的祕密
  • ピンイン:Bùnéng shuōde mìmì
  • 中国向けリンク:QQ音乐 不能说的秘密

バラードといってもけっこうなアップテンポな曲です。この曲もピアノがフィーチャーされていて、ボーカルは小さな歌い方から始まり徐々にアツくなる周杰倫節を堪能できます。

以上、周杰倫の紹介その1でした!次回へ続く!

このページをシェアする

スポンサーリンク