この歌がおすすめ!周杰倫(Jay Chou)番外編

Snow-like Hair/髪如雪

周杰倫の歌を3回に分けて全部で15曲紹介しましたが、大事な曲が入ってないことに気づきました!さらに追加で5曲紹介することにします。

  • 簡体字名:周杰伦
  • 繁体字名:周杰倫
  • ピンイン:Zhōu Jiélún(ZJL)
  • 英語名:Jay Chou
  • カタカナ名:ジェイ・チョウ
  • 日本語Wiki:Wikipedia 周杰倫

その大事な曲というのは、中国の伝統文化をモチーフとした曲です。「周杰倫は作詞家の方文山と組んだことが成功の要因だった」と言われるほど、方文山の作詞には定評があります。方文山普通はポップスの詞として使われないだろうというような中国の古い伝統的な文化をテーマにした詞で有名です。その詞が周杰倫の曲にのると、絶妙な音楽を生み出すんですね。

これらの曲の中には歌詞に難しい語彙が使われているので、その歌詞が中国大陸の大学入試の題材として取り挙げられた曲もあるそうです。

どれも大陸ではヒットした曲ばかりで、「周杰倫の好きな曲といえば?」という質問に対して、これらの曲を答える人が多かったことを覚えています。

周杰倫の曲からお気に入りの15曲を選ぼう」と始めたコラム連載。惜しくも15位の中に入らなかったけども、これらの曲は中国語を勉強する方にはぜひ知っておいてほしいということで、ここでは番外編として、発表順に古い曲から紹介していきます。

スポンサーリンク

伝統文化モチーフ1曲目『東風破』

1曲目は2003年のアルバム『葉惠美』に収録されている『東風破』です。

  • 簡体字名:东风破
  • 繁体字名:東風破
  • ピンイン:Dōngfēngpò
  • 中国向けリンク:QQ音乐 东风破

この曲は中国では知らない人はいないほど有名な曲になっています。周杰倫の曲の中でも伝統文化をモチーフとした曲はこれが最初といえます。

カラオケで歌えれば「おー!」と驚かれること間違いなし。ただいかんせん歌詞が難しいので、発音を覚えるのが大変かもしれません。この特徴は次の4曲も同じです。初級を終えたら頑張って練習してみましょう!

伝統文化モチーフ2曲目『髮如雪』

2曲目は2005年のアルバム『十一月的蕭邦』に収録されている『髮如雪』です。

  • 簡体字名:发如雪
  • 繁体字名:髮如雪
  • ピンイン:Fà rú xuě
  • 中国向けリンク:QQ音乐 发如雪

歌詞で使われてる言葉の出典は、中国古典の『詩経』や近世小説の『紅楼夢』、李白の詩などからだそうです。中国語ネイティブでも難しい内容ですね。

伝統文化モチーフ3曲目『菊花台』

3曲目は2006年のアルバム『依然范特西』に収録されている『菊花台』です。

  • 簡体字名:菊花台
  • 繁体字名:菊花台
  • ピンイン:Júhuā tái
  • 中国向けリンク:QQ音乐 菊花台

この歌は、日本でも公開された映画『王妃の紋章』(原題は『满城尽带黄金甲』)のエンディングテーマとして有名な曲です。周杰倫にしては珍しく歌詞をはっきりと発音しています。韻が滔々と続くようなそんな心地よさのある曲です。

なお、同時期に出た『千里之外』YouTubeQQ音乐)という曲も古き良き中国を体現した曲として有名です。

映画の方はというと、かなりおすすめの内容なので、まだ見てない方はぜひ見てみてください!

王妃の紋章 [Blu-ray]
王妃の紋章 [Blu-ray]

ジェネオン エンタテインメント 2008-09-26

Amazonで詳しく見る

伝統文化モチーフ4曲目『青花瓷』

4曲目は2007年のアルバム『我很忙』に収録されている『青花瓷』です。

  • 簡体字名:青花瓷
  • 繁体字名:青花瓷
  • ピンイン:Qīnghuācí
  • 中国向けリンク:QQ音乐 青花瓷

青花瓷は中国で製造された陶器の一種で、敢えて日本語で言えば瓷器(じき)と呼ぶそうです。歴史的な意義もあり、この曲の歌詞が中国の大学入試の題材にされたことでも有名です。

伝統文化モチーフ5曲目『蘭亭序』

5曲目は2008年のアルバム『魔杰座』に収録されている『蘭亭序』です。

  • 簡体字名:兰亭序
  • 繁体字名:蘭亭序
  • ピンイン:Lántíngxù
  • 中国向けリンク:QQ音乐 兰亭序

蘭亭序といえば書道をやっていた方ならご存知だと思います。「書聖」と呼ばれた4世紀東晋の書家である王羲之の作品です。行書のお手本ともされている作品ですね。

行書がうまくなる本―蘭亭序を習う

私は長年書道をやっていたもので、何回かこの蘭亭序を練習した覚えがあります。幼いころでしたので「なんだよ永和九年って!」と意味も分からずに書いてましたね(笑)。

ミュージックビデオはまさにその書道がテーマとなっています。なかなか味のある動画なので、一見の価値ありですよ。

以上、周杰倫の紹介でした!

このページをシェアする

スポンサーリンク