11月11日は光棍節です

中国大陸では11月11日のことを光棍节guānggùn jié)といいます。敢えて日本語にすれば「独身の日」ですね。独身者のための非公式な祝日のような位置づけになってきています。

光棍guānggùn)は「独身者」を意味する名詞です。動詞は打光棍dǎ guānggùn)で、「独身生活をおくる」という意味になります。どちらもスラングなので正式な場では使いませんが、口語で耳にすることはあります。

「独身を祝う」というのも多分に自虐的な意味をもつので、祝日というよりは風潮と言った方がいいかもしれませんね。ここでは光棍節にまつわる話を紹介しましょう。

スポンサーリンク

光棍節の由来

毎年11月11日を中国大陸で光棍節と呼ぶようになった由来は不明だそうです。誰がどのように祝い始めたのか、その起源もよくわからないので、光棍節の由来についてネット上では様々な説がささやかれています。1つ確かなのは、11月11日という日は「1が四つ並んでいる」ということです。この数字の「1」を独身者とみなして、「みんな独身者じゃないか」と自虐的に慰め合うという意味あいをもっています。

ここ10年の間でしょうか。主にネット上で拡散されて、今や全国的に知られるようになってきました。

光棍節には何をする?

光棍節には何をするのか、これは特に決まっていません。伝統的な祝日ではないし、ネット上で広まった新しい若者文化ともいえる風習ですので、実生活で「今日は光棍節だーっ!」と口にすることもあまりないでしょう。ただ、小売や外食産業は商業的に利用しているところもあって、独身者限定イベントを開いたり、特別セールをやったりするお店もあるようです。

ネット上では「光棍節には何をする?」という問いに対しては、「1人で酔いつぶれる」「1人で豪華ディナーを楽しむ」「残業しまくる」などという自虐的な回答が見受けられます。

光棍節の紹介動画

おもしろい動画を見つけたので紹介しておきましょう。中国で最も有名なIT会社のテンセント作成の光棍節紹介動画です。

11月11日は世界各国にいろいろな記念日があるにもかかわらず、中国大陸は光棍節なんだというような少し皮肉った内容の動画です。おもしろいですね。動画の題名にある冷知识lěng zhīshi)は「くだらない、どうでもいい、でも知っているとおもしろい雑学的な知識」という意味です。つまりトリビアという意味ですね。

双十一とは違うの?

同じく中国大陸で毎年11月11日にインターネットショッピングの大セールがあります。この大セールを双十一shuāng shíyī)といいます。これは由来も創始者もはっきりしていて、2009年に中国のインターネットショッピング大手の淘宝网が始めたのがきっかけです。今や淘宝网に限らず、数多くのインターネットショッピングサイトがこの双十一に乗っかり、大セールを展開するようになりました。米インターネットショッピング大手Amazonの中国サイトである亚马逊でも11月11日限定セールをやっていますね。

このように双十一は販売者側が意図的に仕掛けた商戦なので、自然発生的に広まった光棍節とは性格を異にします。

光棍節関連用語

光棍節に関連する用語を紹介しましょう。

光棍节
guānggùn jié
独身の日
中国大陸で11月11日に独身でいることを自虐的に祝う風潮。ネットを中心に全国に広まっている。
光棍
guānggùn
独身
話し言葉あるいはスラングで独身を表す。
单身
dānshēn
独身
普通の言い方、もしくは丁寧な言い方で独身と言いたいときにこの単語を使う。
婚姻状况
hūnyīn zhuàngkuàng
婚姻状態
公的な書類等で結婚しているか否かを報告する場合、次の所定の単語を使う。独身は未婚wèihūn)、既婚は已婚yǐhūn)、離婚経験ありは离异líyì)、死別は丧偶sàng’ǒu)。光棍はスラングなので公的な場面では使わぬようご注意を。
打光棍
dǎ guānggùn
独身生活をおくる
話し言葉あるいはスラングで独身生活をおくるを意味する。
剩男
shèngnán
余った男
結婚適齢期を過ぎた独身の男を意味するスラング。結婚適齢期は人によりさまざまであるため何歳くらいから言われ始めるかは不明。
剩女
shèngnǚ
余った女
結婚適齢期を過ぎた独身の女を意味するスラング。結婚適齢期は人によりさまざまであるため何歳くらいから言われ始めるかは不明。
脱光
tuōguāng
独身を脱する
話し言葉あるいはスラング。恋人ができる、あるいは結婚することを表す。
相亲
xiāngqīn
お見合い
親戚の紹介、街コンのようなパーティなど、現在は様々な形式がある。

ちなみに管理人は独身です。34歳のころ「你是剩男!Nǐ shì shèngnán !)」と言われたことがあります(笑)。

このページをシェアする

スポンサーリンク