この歌がおすすめ!范逸臣(Van Fan)

次は范逸臣を紹介しましょう。

  • 簡体字名:范逸臣
  • 繁体字名:范逸臣
  • ピンイン:Fàn Yìchén(FYC)
  • 英語名:Van Fan
  • カタカナ名:ヴァン・ファン
  • 日本語Wiki:Wikipedia 范逸臣

実は私は范逸臣のことはあまり知らなかったのですが、映画『海角七号 君想う、国境の南』を見て知ることとなりました。この映画は台湾で大ヒットしたそうです。日本でも公開され、今はDVDやBu-rayで見ることができます。

この映画は「戦後間もない台湾から引き揚げた日本人教師から台湾に残った女子生徒宛てに送った手紙が、現代台湾で数奇な運命を紡ぎだす…」というようなストーリーです。映画の中では現代台湾の描写を中心として、敗戦後の日本人引き揚げ時期の台湾の映像を交えながらストーリーが進んでいきます。田中千絵がヒロインとして出てきたり、中孝介という歌手が出てきたりと、日本人も多く出演している映画です。

この映画の中で流れている曲がとても良かったので、それ以来范逸臣をよく聞くようになりました。かなりヘビーローテーションで聞いてます。ここでは、その范逸臣の曲から私のお気に入り順に5曲を厳選して紹介しましょう。

スポンサーリンク

第1位『無樂不作』

第1位は2008年のアルバム『無樂不作』からアルバムタイトルと同じ『無樂不作』です。

  • 簡体字名:无乐不作
  • 繁体字名:無樂不作
  • ピンイン:Wú lè bú zuò
  • 中国向けリンク:QQ音乐 无乐不作

私は洋楽だとGreen DaySum 41The Offspringといった、ボーカルがエレキギターをかき鳴らしながらメロディアスなラインを歌い上げるバンドが好きなんですよね。范逸臣のこの曲はまさにそのタイプの音楽で、「中華圏にもこういうアーティストがいるんだな」とびっくりしたものです。

映画『海角七号 君想う、国境の南』の中でもテーマ曲として使われています。中国語でロックな感じの曲が聞きたい方はぜひこの曲をどうぞ!

第2位『許願』

第2位は2008年のアルバム『無樂不作』から『許願』です。

  • 簡体字名:许愿
  • 繁体字名:許願
  • ピンイン:Xǔyuàn
  • 中国向けリンク:QQ音乐 许愿

この曲は映画とは関係ありませんが、同じ時期に出たアルバムに収録されている曲です。軽快なエレキギターのイントロから始まり、明るく印象的なメロディで盛り上がっていく曲調が良いですね。

范逸臣の声域はけっこう広いので、曲を聞くだけならとても良いのですが、カラオケで歌おうとするとなかなか喉がタイヘンです(笑)。

第3位『情書』

第3位は2008年の映画『海角七號』のオリジナルサウンドトラックから『情書(第七封信)』です。

  • 簡体字名:情书
  • 繁体字名:情書
  • ピンイン:Qíngshū
  • 中国向けリンク:QQ音乐 情书

この曲は映画『海角七号 君想う、国境の南』で使われている曲で、ピアノの伴奏にのせた静かなバラードです。曲調は静かですが、歌い方はとてもアツく、心に響くバラードです。

第4位『國境之南』

第4位は同じく2008年の映画『海角七號』のオリジナルサウンドトラックから『國境之南』です。

  • 簡体字名:国境之南
  • 繁体字名:國境之南
  • ピンイン:Guójìng zhī nán
  • 中国向けリンク:QQ音乐 国境之南

この曲も映画『海角七号 君想う、国境の南』で使われている曲です。劇中では急きょ結成した「にわかバンド」がこの曲を練習して発表する場面があります。日本統治時代に少年期を過ごしたと思われるご老人が、台湾独自の楽器(琵琶のようでギターのようなもの)を使ってこのバンドに参加しており、音楽の中でもフィーチャーされています。

第5位『放生』

第5位は2006年のアルバム『不說出的溫柔』から『放生』です。

  • 簡体字名:放生
  • 繁体字名:放生
  • ピンイン:Fàngshēng
  • 中国向けリンク:QQ音乐 放生

この曲は1位~4位の曲よりも少し前の曲ですが、とてもアツいバラードです。物悲しく静かなエレキギターのイントロから始まりますが、後半に行くにつれて徐々に盛り上がっていく曲です。

途中のアコースティックギターによるギターソロは范逸臣自身で弾いており、歌手というよりもミュージシャンと呼びたくなりますね。

以上、范逸臣の紹介でした!

このページをシェアする

スポンサーリンク