「マイナンバー」を中国語で何と言う?~続編~

以前の投稿でマイナンバーを中国語に直訳すると「我的号码」になって、それを固有名詞のように使うとなんともおかしな中国語になると紹介しました。

その際に「行政の立派な標準外国語訳」を待ってみましょうと言っておいたのだけども、すでに内閣官房のホームページにその「立派な標準外国語訳」が出ていました。

スポンサーリンク

行政のすすめるマイナンバーの中国語訳

さて、行政府のマイナンバーについての中国語解説は、次のサイトで確認することができます。

その中国語はなんと… 「My number」

えっ…?ちょっとびっくり。そのまんまじゃないですか。

音訳でも意訳でもない、英語表記そのまんまです。あー、そうですか、開き直りましたね!という感想です(笑)。

ただ、説明資料には、「个人编号(昵称为 My number)」(個人番号、愛称は My number)とあるので、実際に中国語で話す時には「个人编号」を使った方が分かりやすそうです。

中国語で第一に「个人编号」が出てきているように、日本語でも別に「個人番号」とか「社会保障番号」でよかったと思うんですけどね。なんで「マイナンバー」などという固有名詞でもなんでもないような名前にしちゃったんでしょうね。

余談ですが、マスコミが「『イスラム国』というと誤解を招くので『ISイスラミックステート』と呼ぶようにしました」ってのも何の解決にもなってないと思うんですよね。「イスラミックステート」って「イスラム国」のことじゃないですかと。英語をそのまま日本語に音訳でもってくれば特別な固有名詞に聞こえるというのは、ちょっとどうかなと思いますね。英語の知識ゼロならいいけど、日本は今や小学生の頃から英語を学ぶ国ですから。

マイナンバー関連用語

それでは、マイナンバーに関連する中国語の単語をいくつか紹介しましょう。

个人编号
gèrén biānhào
マイナンバー
マイナンバーの説明資料で最も使われている用語。行政によると「My number」はあくまでも愛称とのこと。実務ではこの単語を使った方が話は通じやすいかと。
个人编号卡
gèrén biānhào kǎ
マイナンバーカード
身分証にも使えるというマイナンバーカードのこと。
社会保障与纳税人识别号制度
shèhuì bǎozhàng yǔ nàshuì rén shìbié hào zhìdù
社会保障・税番号制度
マイナンバー制度を分かりやすく言ったもの。
居民
jūmín
住民
居住している人。
行政机关
xíngzhèng jīguān
行政府
行政実務を行う機関。市町村役場に加え、税務署などの国の機関も含む。
代扣代缴
dài kòu dài jiǎo
源泉徴収・納税
納税者に代わり、控除して納税すること。例えば、民間事業者が社員の給料から所得税を控除し、社員の代わりにその所得税を税務署に納付する時などに使う。(中国の会計実務では必須の単語!)
请出示个人编号。
qǐng chūshì gèrén biānhào.
マイナンバーを見せてください。
行政の窓口の方が恐らく頻繁に使うことになるであろう表現。

以上、マイナンバー関連用語の紹介でした!

このページをシェアする

スポンサーリンク