中国株式市場とサーキットブレーカー制度

日本のマスコミをも賑わす中国株式市場、今日はその概要とサーキットブレーカー制度を見てみましょう。

まず、中国株の情報を知るためにはどこを見たらいいでしょうか。ある程度中国語のできる方なら、以下のサイトがおすすめです。

あまり文章の部分は読む気がしないかもしれませんが(笑)、指数チャートがほぼリアルタイムで更新されるので手っ取り早く中国株の動向を知りたい方にはうってつけのサイトです。行情hángqíng)が「市場動向」とか「市況」といった意味です。チャートだけ見たいという方は次のリンクもどうぞ。

ブラウザベースでもけっこうな高性能なほぼリアルタイムのチャートです。

スポンサーリンク

中国株式市場と代表的な指数

中国大陸企業の株式市場は大ざっぱに分けると次のようになっております。

場所証券取引所種類
中国大陸上海証券取引所A株|B株
深セン証券取引所A株|B株
香港香港証券取引所H株

A株というのは中国国内居住者もしくは許可された外国の機関投資家のみが投資できる株式で、人民元建てで取引されています。B株は外国の投資家が投資できる株式で、上海B株はUSD(米ドル)建て、深センB株はHKD(香港ドル)建てで取引されています。一方、香港の証券取引所に上場しているH株と呼ばれる株式は、中国大陸の企業ながらも世界各国から自由に投資できる開かれた市場で流通しているもので、HKD(香港ドル)建てで取引されています。

従来は外国からA株に投資することを考えた場合、許可された機関投資家を通して投資信託などで間接的に投資するしか手段はありませんでした。しかし2014年11月からは上海・香港株相互取引が始まり、中国国内限定であったA株に対し、一部の銘柄で外国からも直接取引が可能になりました。いずれA株への海外からの投資が解禁され、A株B株は統合されるだろうと目されていますが、まだまだ先のことになりそうです。

サーキットブレーカー制度

サーキットブレーカー制度というのは、ある指数が一定の値幅に達した時に、相場安定化のため発動する取引制限や値幅制限の措置のことをいいます。日本の証券取引所では、主に指数先物の安定措置の制度を指します。

中国では、今のところ沪深300Hù-Shēn sānbǎi)という指数が大幅に変動した時に、上海および深センの両証券取引所の全ての株式の取引を停止するという制度です。細かい条件は次のとおりです。

サーキットブレーカー発動の条件|沪深300
前日終値比プラスもしくはマイナス5%で15分間の取引停止
上記15分停止の後、逆方向に5%で終日取引停止
14:45~15:00の間に前日終値比プラスマイナス5%で終日停止
前日終値比プラスマイナス7%で終日停止

中国の株式市場では2016年1月4日からこのサーキットブレーカー制度の適用を開始、なんと早速1月4日、1月7日とすでに2日も発動されて全体的な株式の取引が途中で中止になっています。

私見ですが、プラスマイナス5%ってわりと到達してしまうような値幅だと思います。日本ではサーキットブレーカーが発動された例はほとんどなく、ここ5年で3回(2011年3月14日・2011年3月15日・2013年5月23日)とのことです。

なお、さっそくですが1月8日より中国株式市場ではサーキットブレーカー制度をいったん取りやめるそうです。

上記リンクによると上海証券取引所の決定により、しばらくの間サーキットブレーカー制度を停止するそうです。この意思決定の速さが中国…とはいえ今後どうなるのでしょうか。中国株式市場から目が離せませんね。

用語紹介

株式関連用語は中国語の金融用語でも紹介しているので、ここでは新たな用語を紹介しましょう。

熔断机制
róngduàn jīzhì
サーキットブレーカー制度
直訳すると「溶解切断するメカニズム」だが、市場取引におけるサーキットブレーカー制度を指す。
触发熔断机制
chùfā róngduàn jīzhì
サーキットブレーカー制度が発動する
日本語では動詞に「発動する」を使いますが、中国語では「触発する」を意味する触发を使う。
沪深300
Hù-Shēn sānbǎi
CSI300
上海証券取引所および深セン証券取引所から代表的な銘柄300を対象とする指数。は「上海」を意味する略語。
阈值
yùzhí
しきい値
ある反応を起こさせる境目となる値のこと。閾値(いきち)。
暂停交易
zàntíng jiāoyì
取引を一時停止する
「15分間取引を停止する」と時間を入れたい場合は暂停交易15分钟のように後ろに時間をおく。
恢复交易
huīfù jiāoyì
取引を再開する
一時停止した取引を再開すること。
收市
shōushì
取引を終了する
その日の市場取引を終えることを意味する。

以上、今日の時事用語でした!

このページをシェアする

スポンサーリンク