中国での高速鉄道の乗り方

華北旅行記事の続き。2016年4月27日に北京入りし、北京を観光し終えた後、5月1日に石家荘へと移動した。移動は中国の新幹線とも言われる高速鉄道(中国語:高铁)を利用した。今日は中国の高速鉄道に乗るうえでの注意事項を書いてみたい。併せて北京から石家荘への移動の様子を写真を交えてご紹介しよう。

スポンサーリンク

中国の高速鉄道への乗り方フロー

中国の高速鉄道の車体は日本の新幹線に酷似しているけども、乗るまでの間にけっこうな手間がかかる。駅によって多少は違うけども次のフローをまずは見てみよう。

chinatripfig006

手荷物検査や身分証検査の位置は駅によって異なる。ここで覚えておきたいのは、駅構内の移動にもけっこうな時間がかかるということだ。たとえば日本の新幹線ならば、切符を購入して改札を通ってホームへ行き、乗車する。ここまでが15分もあれば完結するだろう。しかし、中国の高速鉄道はそうはいかない。

まず切符を買う前に荷物をX線に通す必要がある。切符を買ってからも1人1人身分証を見せ、身分証番号と切符に書かれた身分証番号を照合する関門がある。そこでやっと待合室に行けるのだが、待合室がこれまた広い。大きな駅はホームの数も多く、さながら飛行機に乗車するようだ。だいたい乗車時刻の20分くらい前に改札が始まる。そして乗車時刻の5分前には改札が閉まってしまう

日本の新幹線はドアが閉まるまでに乗り込めばOKなのだが、中国の高速鉄道はそうもいかない。時間にはかなり余裕をもって行動することをおすすめしたい。切符を買ってから乗車時刻まで45分くらいあるのが望ましいといったところだ。切符を買うにも並ぶことが多いので、当日券で行きたい場合は1時間半前ぐらいには駅に着いておいたほうがいいだろう。

中国の高速鉄道の切符の買い方

切符は切符売場の窓口で購入しよう。次の6つの情報が必要となる。口頭で伝えるのが難しい場合は、次の6つを紙に書いて渡せばいいだろう。駅名や時刻は例である。

  1. 出発駅:从北京
  2. 到着駅:到石家庄
  3. 日付:5月1日
  4. 時刻:10点(だいたいの時間でよい)
  5. 座席クラス:二等座
  6. 人数:1个

切符購入の際には身分証が必要となる。外国人はパスポートの提示でOKだ。座席クラスは商务座/一等座/二等座の3種類がある。二等座が日本の新幹線の自由席や指定席と同等レベルなので、よほどの事がない限りは二等座で問題ないだろう。

北京西駅→石家荘駅を高速鉄道で移動する

それでは北京から石家荘への移動の様子を写真で見てみよう。

chinatrip0080

北京西駅はこの大きさ。5月1日は五一休暇の連休まっただ中となるため、切符は前日のうちに購入しておいた。この写真のみ撮影日は2016年4月30日で、後の写真は5月1日撮影である。

chinatrip0081

身分証検査でパスポートと切符を提示し、待合室へと進む。まずは電光掲示板で自分の乗車する列車が何番ホームから出るのか確認しよう。

chinatrip0082

駅構内を進む。上のほうで切符を買ってから乗車時刻まで45分くらいあるのが望ましいと言っておきながら、実はこのとき身分証検査のところで25分くらい前だったので走ってる(笑)。

chinatrip0083

改札前に着いたら既に改札が開いていた。この時点で乗車時刻の20分前。なんとかギリギリ間に合った。

chinatrip0084

改札を抜けたらホームへ行こう。

chinatrip0085

ホームでは車体の番号を頼りに自分の乗る号車まで行こう。

chinatrip0086

車内は日本の新幹線とほぼ同じだ。北京から石家荘へはほぼ平らな道のりをまっすぐ進んでおり、最高時速は300km出ていた。

chinatrip0087

北京西駅から保定東駅に1度停車し、石家荘駅についたのは12:04。約80分の旅程だった。

chinatrip0088

石家荘駅内は新しく作られたばかりだろうか。とにかく大きかった。看板に地下鉄の表示があったが、赤い斜め線が引いてあり、まだ未開通のようだ。

chinatrip0089

交通がよくわからなかったのでいったん外に出てみた。外から見ても巨大な駅だ。路線バスが出ているようなので、もう一回駅の中に入ってからバス停を探し、バスに乗って市内へ移動した。

石家荘駅からの乗車の様子

次に石家荘駅からの乗車の様子を見ておこう。先ほどの写真は石家荘駅の出口だったが、乗る方は次のようになっている。撮影日は全て2016年5月3日だ。まずは切符売場。

chinatrip0090

五一連休の1日後である。それでもけっこうな人だ。

chinatrip0091

身分証検査を抜けて待合室へ向かうエスカレーターより撮影。とにかく広いので移動時間がかかる。

chinatrip0092

駅構内にはなんと吉野家もあった。

chinatrip0093

改札は自動改札で、切符を通すと手前の赤いゲートが開くようになっていた。

高速鉄道関連用語

それでは高速鉄道に関連する中国語を見ておこう。一部用語は地下鉄や長距離バスも使っているが復習ということで載せておこう。

高铁
gāotiě
高速鉄道
日本でいう新幹線。
进站口
jìnzhàn kǒu
入口
駅への入口。
安全检查
ānquán jiǎnchá
手荷物検査
場所は駅によって異なることがある。
售票处
shòupiào chù
切符売場
普通の鉄道と違い、高速鉄道の切符は当日でも手に入りやすい。
证件检查
zhèngjiàn jiǎnchá
身分証検査
これも手荷物検査と同じく実施場所は駅によって異なる。
候车厅
hòuchē tīng
待合室
候车室とも。
检票口
jiǎnpiào kǒu
改札
自動改札になっているところが多い。
月台
yuètái
ホーム
車両番号がホームの足下に書いてあることもあるが、やはり車両自体の番号を見た方が無難。
商务座
shāngwù zuò
ビジネスクラス
座席クラス。最も良い座席。
一等座
yī děng zuò
一等席
座席クラス。日本のグリーン車に近い。車両数が少ないので意外と二等席より込むこともあるので注意。
二等座
èr děng zuò
二等席
座席クラス。日本の自由席や指定席と同じレベル。普通に乗るならこの席で十分。

以上、中国での高速鉄道の乗り方でした!

このページをシェアする

スポンサーリンク