正定古城の街めぐり(趙雲廟・長楽門など)

さて、前回は正定古城のお寺めぐりをしたお話だったけども、今回は正定古城のお寺以外の街めぐりのお話です。

撮影日は2016年5月2日で、移動順序は次のとおり。大佛寺→天寧寺→趙雲廟→開元寺→正定歴史文化街→臨済寺→広惠寺→長楽門子龍広場

chinatripfig007

思いっきり簡略化した地図だけども、だいたい位置関係はこんな感じ。大佛寺でバスを降りて観光を始めたので、趙雲廟を入れる順番が間違ったかなというところ。まぁそれでもこの地図の四方が1.5~2.0kmほどなので、どこへ行くにも徒歩でどうにかなる距離だ。

スポンサーリンク

正定古城街めぐりその1:趙雲廟

この河北省正定県は三国志の名将・趙雲子龍の生まれ故郷だ。ここには趙雲廟という施設があるとのこと。趙雲廟へ行くために、先に天寧寺を見たので、そこからまた大佛寺の方向へ向かって歩く。途中でこんな看板を見かけた。

chinatrip0116

不拜赵子龙,白来正定城(趙子龍を拝まないなんて正定の街へ来たとしても無駄足であるぞよ)」などと書いてある(笑)。これは反語的に「正定の街へ来たら趙雲廟へ行くべき」という意味にとれる。

chinatrip0117

「趙」の旗がたなびく通りを歩いて行くと、ほどなくして趙雲廟の入口が見えてきた。入口の趙雲像では記念撮影をする人でごった返していた。

chinatrip0118

入場料20元を払って中へ入ろうとすると、「1元玉を中の鐘に当てるといいことがあるよ」と女性に呼び止められる。1元玉を渡されたので四角の穴に向けて投げてみる。ところがなかなか難しくて中の鐘に当たらない。1回投げるたびに女性が「はいもう1回」と1元玉を渡してくる。10回投げても当たらなかったので、やめた。そしたら10元取られた。意図せず10元支払ってしまったので「これは孔明の罠だな!」と思い、以後気をつけることにした(笑)。

chinatrip0119

中は廟ということではあったが、作りは新しく、三国志の蜀の将の像や三国志絵が描かれている壁画など、三国志好きには嬉しくなるようなものがたくさん置かれていた。私も三国志大好きなのでかなり嬉しくなったのはいうまでもない(笑)。

chinatrip0120

外に出て壁に目をやると、数多くの石版がはめ込まれているのに気づく。よく見ると「香港趙族なんとか会」とか「シンガポール南洋趙氏なんたら会」などの名前が刻まれている。どうやら世界の趙さんたちの信仰を集めているらしい。

それほど大きくはなく、こぢんまりとした施設なので観光時間はそれほどかからなかった。

正定古城街めぐりその2:正定歴史文化街

趙雲廟からはまず開元寺へ向かった。1.5kmほど離れていたので、ここは路線バスでショートカットをした。行きで乗ってきた164路の逆方向で天寧寺の十字路まで行けるらしい。1元でそこまで来て開元寺を見た。

chinatrip0125

開元寺を見た後、臨済寺へ向かう途中で立派な門をくぐった。門には「正定歴史文化街」とある。これは期待できそうだ。

chinatrip0126

…と思ったのもつかの間、しばらく歩くと工事現場になってしまった。どうやらこの歴史文化街は現在建設中らしい。この工事現場を抜けて民家の建ち並ぶ場所に臨済寺と広惠寺があった。

正定古城街めぐりその3:長楽門

広惠寺を見てから長楽門へ向かった。

chinatrip0121

歩いてすぐに城門が目に入ってきた。なかなか壮大な門構えである。

chinatrip0122

しかしながらここも工事中で、城壁に登ることはできなかった。

「古城を建設中」というのもおかしな話かもしれないが、名古屋城だって大阪城だって今の天守閣は昭和になって建てたものだし、このあたりは新たに復元するってことでいいのかなと思った。

正定古城街めぐりその4:子龍広場

最後に朝来るときに見かけた街の中心にある趙雲の像を見に行った。どこにあるという確証はなかったが、なんとなく县政府ってとこにあるだろうなと予想して歩いて行った。

chinatrip0123

いい加減な予想は的中で、歩いていたら趙雲像が目に入ってきた。ここは子龍広場(中国語:子龙广场 Zǐlóng guǎngchǎng)というらしい。地元の人々が思い思いの遊びに興じていた。

chinatrip0124

石家荘の中心部へ戻るバス停はこの子龍広場の目の前にあった。ここから164路のバスへ乗り、ホテルへと帰還した。

正定古城の街めぐり関連用語

それでは正定古城の街めぐりに関連する中国語を見ておこう。

赵云庙
Zhàoyún miào
趙雲廟
三国時代の蜀の名将・趙雲を祀った廟。現在の施設は1997年に建てられた。
正定历史文化街
Zhèngdìng lìshǐ wénhuà jiē
正定歴史文化街
復元中の歴史的街並み。
长乐门
Chánglè mén
長楽門
正定の城壁は東晋時代が最初とのことで、1600年超の歴史がある。現在は明代の頃のものを修復工事しているところだ。
子龙广场
Zǐlóng guǎngchǎng
子龍広場
正定の街の中心部にある広場。趙雲像が立つ。

以上、正定古城の街めぐりの話でした!

このページをシェアする

スポンサーリンク