中国五台山のお寺めぐりその3(普化寺で素食バイキング)

今回も五台山(中国山西省)のお寺めぐりの記事です。

午前中に殊像寺・五爺廟・塔院寺・顕通寺・菩薩頂の5軒をまわり、ちょうどお昼の時間となった。普化寺というお寺で僧侶向けの素食レストランが一般観光客向けに開放されているというので行ってみた。

スポンサーリンク

普化寺

菩薩頂から普化寺までの距離は2.5kmほど。歩いて行くにはきついので、タクシーで行くことにした。ここ五台山内には正規のタクシーはないので白タクの利用となる。

菩薩頂の出口で白タクの運転手に声をかけると「20元」との返答。邯鄲で50kmほどの距離を20元で移動したのでどうも高く思える。だが五台山内では宿泊以外の全ての物・サービスが観光地価格で市価よりも高い。値段交渉してみたが下がらない。言い値の20元で妥協しかけたところ、ちょうど隣にいた観光客1名が「オレも乗りたいんだ、2人で10元ずつでいいか?」と言う。この提案には私たちOK、運転手もOKということで、10元で乗っていけることになった。

chinatrip0207

同乗した観光客のオッサンもよく調べて来たわけではないらしく、いろいろと宿の女将に聞いていた。ほどなくして普化寺の入口に到着する。10元を払って車を降りた。

chinatrip0208

この素斋对外 sùzhāi duìwàiが入口の目印だ。肉・魚の入っていない料理のことを中国語で素菜 sùcàiという。特に仏教や道教の素食を斋饭 zhāifàn、あるいは素斋 sùzhāiという。この普化寺では、毎年4月末ごろから国慶節の終わり(10月初旬)まで対外開放しているそうである。冬の五台山は寒すぎるので、一般の参拝客は少なくなり、ほとんど修行僧のみとなるからだそうだ。

chinatrip0209

価格は1人38元(昼・夕)。朝は少し安く1人15元。バイキングでこの値段ならまぁ安いといったところか。

chinatrip0210

中はホテルのような内装でなかなか綺麗だった。奥のカウンターで人数分の料金を支払い、料理を取った。

chinatrip0211

あらかじめ「残さないでね」と言われていたので、かなり少なめに料理を盛った。おいしくないのもあると思って各料理をちょろっとずつ。四季豆 sìjìdòu(緑のえんどう豆を太く丸くしたような野菜)がいちばんおいしかった。これだけでは足りないので2~3回追加しに行った。

なお、素食なので魚・肉料理のたぐいはなかったが、チベット仏教の場合は肉料理を食べても良いそうである。

chinatrip0212

「無駄に残さないように!」との注意書きも仏教の聖地・五台山らしい。文末に阿弥陀佛 Ēmítuófóがついている。この表示ばかりでなく、五台山ですれ違う人々は挨拶のように口頭で文末に「阿弥陀佛」をつけていた。

chinatrip0213

食事し終えたら、いったん宿へ戻ってお昼の休憩をすることにした。戻る前に普化寺の目の前にある彫刻壁を拝見。福禄寿三星という形象が彫られている見事な彫刻壁である。

chinatrip0214

宿は普化寺からそれほど距離はない(1kmほど)ため、徒歩で戻った。

普化寺で素食バイキング関連用語

それでは普化寺で素食バイキングに関連する中国語を見ておこう。

普化寺
Pǔhuà sì
普化寺
創建年代は不明、明代の頃に普化寺と名付けられた。4月末~10月初旬の間に素食バイキングを対外開放している。
打车
dǎ//chē
車(バス・タクシーなど)に乗る
自分の車ではない乗り物にお金を払って乗る行為を指す。
素菜
sùcài
素食
一般的に肉や魚を入れない料理を指す。
斋饭
zhāifàn
精進料理
主に仏教や道教の信者が食べる肉や魚の入ってない料理を指す。素斋ともいう。
自助餐
zìzhùcān
バイキング
自分で料理を盛る食べ放題形式のこと。
浪费
làngfèi
無駄に浪費する
浪费钱(お金を浪費する)、浪费时间(時間を無駄にする)などがよく使われる。口頭で「ご飯を残す」と言いたいときは単に浪费ということが多い。
杜绝
dùjué
途絶させる
掲示などで後ろに防止したいことが書かれていることが多い。
阿弥陀佛
Ēmítuófó
阿弥陀仏
仏教における仏を指すが、仏教徒間で挨拶のように使うこともある。
福禄寿三星
Fúlùshòu sānxīng
福禄寿三星
福をもたらすという福星・禄星・寿星という三人の神。中国の民間信仰から生まれた。

以上、五台山のお寺めぐりその3(普化寺で素食バイキング)でした!

このページをシェアする

スポンサーリンク