第七課|経験・完了・過去

第七課では「経歴」をテーマに経験・完了・過去を学びましょう。

第七课 课文
A:你去过吉林吗?
B:我没去过。
A:我家是吉林。
A:我在吉林待了二十年。
A:后来去北京读书读了四年。
B:你是什么时候来苏州的?
A:我是大学毕业的那一年来苏州的。
A:诶,你在哪里读大学的?
B:我在成都读的。
B:大学毕业后在成都工作了两年。然后来苏州的。
B:在苏州已经一年多了。

↑ここから上のテキスト本文をクリック(スマホやタブレットはタップ)すると、ピンインと訳文が表示されます。

第七課 新出単語
guò:~したことがある
吉林 Jílín:吉林省(地名)
dāi:滞在する
后来 hòulái:その後
北京 Běijīng:北京(地名)
读书 dúshū:学校に通う
苏州 Sūzhōu:蘇州 (地名)
大学 dàxué:大学
成都 Chéngdū:成都 (地名)
毕业 bìyè:卒業
hòu:~後
工作 gōngzuò:仕事をする
然后 ránhòu:それから
lái:来る
已经 yǐjīng:もう・既に
スポンサーリンク

第七課本文解説

第七課では時にまつわる文の言い方を学びます。

まずを見てみましょう。動詞の後ろに「过」が付くと経験の意味を表します。我去吉林。」は「わたしは吉林省へ行く」という意味ですが、「我去过吉林。」となると「わたしは吉林省へ行ったことがあります。」という意味になります。本文では疑問文として出てきています。

次にを見てみます。動詞の後ろに「了」が付くと完了の意味を表します。我在吉林待。」は「わたしは吉林省に滞在する」という意味ですが、「我在吉林待了。」となると「わたしは吉林省に滞在した。」という意味になります。本文では期間を表す二十年の後ろについています。「我在吉林待了二十年。」で「わたしは吉林省に二十年間滞在した」という意味です。

读书は字だけ見ると本を読むという意味に見えますが、実際は「学校へ通って勉強する」という意味です。念书niànshū)ともいいます。

是~的の形式は強調構文です。Bが動詞述語文でA是B的というとき、「AはBなのである」という意味になります。特にBのところには単に動詞がくるということは少なく、時間・場所・手段等の表現を伴うことが多いです。本文の「你是什么时候来苏州的?」は「(主語)+ (時点)+(動詞)+(目的語)+ 」という構造をとっています。「你在哪里读大学的?」の場合は「(主語)+ (場所)+(動詞)+(目的語)+ 」という構造をとっています。

動詞の後ろにが付くと完了の意味となるといいましたが、実はにはたくさんの意味があり、一言で言い尽くすことはできません。の意味は大きく分けて三つあります。完了、変化、語気助詞です。変化とは「~になった」と訳すことができます。語気助詞は特に訳されることはありません。本文の「在苏州已经一年多了。」は変化ので、一年多了だけで「1年以上になる」という意味です。

第七課文法項目(1) ~ 経験の「过」 ~

「~したことがある」という意味のを見てみましょう。

構造例文
肯定形(主語)+(動詞)++(目的語)我去过北京。
Wǒ qùguo Běijīng.
否定形(主語)+没有+(動詞)++(目的語)我没有去过北京。
Wǒ méiyǒu qùguo Běijīng.
疑問形1(主語)+(動詞)++(目的語)+吗?你去过北京吗?
Nǐ qùguo Běijīng ma?
疑問形2(主語)+有没有+(動詞)++(目的語)+?你有没有去过北京?
Nǐ yǒuméiyǒu qùguo Běijīng?
疑問形3(主語)+(動詞)++(目的語)+没有?你去过北京没有?
Nǐ qùguo Běijīng méiyǒu?

肯定形は「我去过北京。」で「わたしは北京へ行ったことがある」という意味です。否定は没有を使います。この没有は単にと言われることもあります。「我没有去过北京。」も「我没去过北京。」も同じ意味で「わたしは北京へ行ったことがない」という意味です。

疑問形は何種類か言い方があります。文末に吗?をつけるだけのものと動詞の前に有没有をつけるものがあります。また文末に没有?をつける言い方もあります。三つとも「あなたは北京へ行ったことがありますか?」という意味です。

第七課文法項目(2) ~ 完了の「了」 ~

には大きく分けて三つの意味があると述べましたが、ここではそのうちの一つ「完了」の意味を見ていきましょう。

構造例文
肯定形1(主語)+(動詞)++(目的語)我买了两本书。
Wǒ mǎile liǎngběnshū.
肯定形2(主語)+(動詞)+(目的語)+我吃饭了。
Wǒ chī fàn le.
否定形(主語)+没有+(動詞)+(目的語)我没有吃饭。
Wǒ méiyǒu chī fàn.
疑問形1(主語)+(動詞)+(目的語)+吗?你吃饭了吗?
Nǐ chī fàn le ma?
疑問形2(主語)+有没有+(動詞)+(目的語)+?你有没有吃饭?
Nǐ yǒuméiyǒu chī fàn?
疑問形3(主語)+(動詞)+(目的語)+没有?你吃饭了没有?
Nǐ chī fàn le méiyǒu?

肯定形には二種類あって、動詞のすぐ後ろにがありその後に目的語がくる場合と、動詞の後ろに目的語が置かれその後にがくる場合です。一般的には前者(肯定形1)の場合、目的語は「数字(指示代名詞)+量詞+名詞」であるか、または後ろにもう一つ別の文が続く必要があります。後者(肯定形2)の場合、目的語には特に決まりはなく、何をおいても問題ありません。

否定は動詞の前に没有をおきます。の場合もと同じく、没有の両方が否定として使えます。と決定的に異なるのは完了の意味の「了」は否定形には出現しないということです。したがって「我没吃饭。」は正しく、「我没吃饭了。」は間違いということになります。

ここで覚えておくと役に立つのが「hái)」という単語です。「まだ」という意味での否定によく使われます。「我没吃饭。(わたしはご飯を食べていない)」を「我还没吃饭。」と言うと「わたしはまだご飯を食べていない」となります。

第七課文法項目(3) ~ 「是…的」構文 ~

是~的という構文は時間・場所・手段等の表現を強調されるとき、主に過去の意味となることがあります。

強調例文
例1時間我是去年来中国的。
Wǒ shì qùnián lái Zhōngguó de.
例2場所我是在香港出生的。
Wǒ shì zài Xiānggǎng chūshēng de.
例3手段我是坐出租车来这里的。
Wǒ shì zuò chūzūchē lái zhèlǐ de.

基本的には○是△的という場合、△が動詞述語文であれば「○は△なのである」という強調文になります。特にの直後に時間・場所・手段がくる場合はその時間・場所・手段を強調します。

例1は去年という時点を強調しています。「わたしは去年中国に来たのだ。」という意味です。
例2は在香港という場所を強調しています。「わたしは香港で生まれたのだ。」という意味です。
例3は坐出租车という手段を強調しています。「わたしはタクシーでここへ来たのだ。」という意味です。

なお、この是~的構文で目的語がの後におかれる場合もあります。上記例文は次のように言いなおすこともできます。

例文
例1我是去年来的中国。
Wǒ shì qùnián lái de Zhōngguó.
例2我是在香港出生的。(変化なし)
Wǒ shì zài Xiānggǎng chūshēng de.
例3我是坐出租车来的这里。
Wǒ shì zuò chūzūchē lái de zhèlǐ.

例2の出生chūshēng)には目的語がありませんので言い方は一つです。例1と例3は表のようにの目的語がの後ろにおかれることもあります。

第七課文法項目の例文

以下、例文を見てみましょう。

例文
我看过这部电影。 Wǒ kànguò zhèbù diànyǐng.
(わたしはこの映画を見たことがあります。)
我没见过他。 Wǒ méi jiànguò tā.
(わたしは彼に会ったことがありません。)
你有没有吃过法国菜? Nǐ yǒuméiyǒu chīguò fǎguócài?
(あなたはフランス料理を食べたことがありますか?)
我知道了。 Wǒ zhīdào le.
(分かりました。)
她还没来呢。 Tā háiméi lái ne.
(彼女はまだ来ていません。)
他是在英国学经济的。 Tā shì zài yīngguó xué jīngjì de.
(彼はイギリスで経済を学んだのだ。)
我是三年前开始学汉语的。 Wǒ shì sānniánqián kāishǐ xué hànyǔ de.
(わたしは3年前に中国語を学び始めたのだ。)
你是不是用电子词典查的? Nǐ shìbúshì yòng diànzi cídiǎn chá de?
(あなたは電子辞書で調べたのですか?)

ホーム / 初級中国語トップ / 第八課へ

このページをシェアする

スポンサーリンク