第九課|状態補語・結果補語・方向補語

第九課では「フランス語」をテーマに状態補語・結果補語・方向補語を学びましょう。

第九课 课文
A:你法语说得挺好的!
B:哪里哪里。会懂一点点。
A:厉害嘛!
A:跟法国人沟通没有问题吧。
B:写得还好,但是说起来比较难。
B:还是有问题。
A:你在哪里学的?
B:我在业余班学的。
B:从晚上七点开始,每个星期都有三天课。
B:三个月就能学完初级。
B:还有星期天去家教,教法国人汉语。
A:怪不得你法语说得这么好,
A:原来接触法语的机会很多诶!

↑ここから上のテキスト本文をクリック(スマホやタブレットはタップ)すると、ピンインと訳文が表示されます。

第九課 新出単語
法语 Fǎyǔ:フランス語
de:状態補語の一部
哪里哪里 nǎlinǎli:そんなことはありません
dǒng:理解する・分かる
一点点 yìdiǎndiǎn:少し
厉害 lìhai:すごい・ひどい
gēn:~と
法国人 Fǎguórén:フランス人
沟通 gōutōng:コミュニケーションをとる
问题 wèntí:問題
xiě:書く
但是 dànshì:しかし
起来 qǐlái:~すると
nán:難しい
还是 háishì:やはり
业余 yèyú:余暇
bān:クラス
cóng:~から
开始 kāishǐ:始める・始まる
měi:どの~も
:授業
wán:終える
初级 chūjí:初級
家教 jiājiào:家庭教師
jiāo:教える
怪不得 A 原来 B guàibudé yuánlái:なるほど A なのは B だからか
这么 zhème:こんなに
接触 jiēchù:接する
机会 jīhuì:機会
ei:語気助詞
スポンサーリンク

第九課本文解説

你法语说得挺好的。」という文章は状態補語の形式をとっています。「あなたはフランス語が上手ですね」という意味ですが、中国語から直訳すると「あなたはフランス語を言うことがとても良い」となります。「(動詞)++(状態補語)」で「(動詞)の状態は(状態補語)だ」というのがこの状態補語の基本です。「写得还好」も状態補語の形式で「書くことはまあ良い」という意味です。

哪里哪里。」は「そんな話はどこにある?」というような意味ですが、謙遜するときに使われ、「それほどでもないですよ」という意味です。わざとらしい表現ですが、覚えておいて損はありません。

厉害という単語は「すごい」と覚えておけば問題ありませんが、「性格が凄まじい」という意味ももちます。例えば「我老婆很厉害。」と言った場合、「わたしの妻はすごいんですよ。」という意味と「わたしの妻は性格がひどいんですよ。」という意味があります。この場合は話す人の話し振りや前後の文脈で判断しましょう。

~起来は「~してみると」という意味です。方向補語の一種です。

三个月就能学完初级。」のは結果補語です。前の動詞・に続き、その動作の結果どうなったかを表します。学完は「学ぶことが終わった」という意味です。

は多音字で動詞のときは「jiāo」、家教のように名詞の一部となるときは「jiào」と発音します。

怪不得 A 原来 B」は決まり文句ですので覚えておきましょう。「なるほど A なのは B だからか。」という意味です。Aにはある現象が、Bにはそのある現象を引き起こしたと思われる原因が入ります。

第九課文法項目(1) ~ 状態補語 ~

状態補語とは動詞や形容詞の後ろに付き、前の動詞・形容詞の状態を表します。

構造例文
肯定形(主語)+(動詞・形容詞)++(状態補語)他说得好。
Tā shuō de hǎo.
否定形(主語)+(動詞・形容詞)++(状態補語)他说得不好。
Tā shuō de bù hǎo.
疑問形1(主語)+(動詞・形容詞)++(状態補語)+吗?他说得好吗?
Tā shuō de hǎo ma?
疑問形2(主語)+(動詞・形容詞)++(状態補語)++(状態補語)?他说得好不好?
Tā shuō de hǎobuhǎo?

※動詞のは「言う」という意味です。

は軽声で「de」と発音します。「他说得好。」は直訳すると「彼は言うことが良い」という意味です。否定形は状態補語の前にを置き、「他说得不好。」と言います。疑問形は「吗?」をつけるだけのものと状態補語の部分を肯定・否定で繰り返すものの二種類があります。主に形容詞が状態補語となります。状態補語はや「太~了」のような単語を伴うことができます。

目的語は動詞の後ろに置けません。「彼はドイツ語が上手」というときに「他说德语得很好。」とは言えません。「他说德语说得很好。」もしくは「他德语说得很好。」と言うのが正解です。動詞の直後には「得」が来るということを覚えておいてください。

なお、中国語ネイティブはこの状態補語につけるをほとんどの場合と記述します。実際の生活上はだろうがだろうが発音は同じ「de」ですから問題にはなりません。ただ、中国語の試験では文法上の決まりである「得」を書かないと間違いになりますので必ずで覚えておきましょう。

第九課文法項目(2) ~ 結果補語 ~

結果補語とは動詞の後ろに付き、前の動詞の動作の結果どうなったか(どうなるか)を表します。

構造例文
肯定形(主語)+(動詞)+(結果補語)+(我买到了。
Wǒ mǎi dào le.
否定形(主語)+没有)+(動詞)+(結果補語)我没买到。
Wǒ méi mǎi dào.
疑問形1(主語)+(動詞)+(結果補語)+()+吗?你买到了吗?
Nǐ mǎi dào le ma?
疑問形2(主語)+有没有+(動詞)+(結果補語)+?你有没有买到?
Nǐ yǒuméiyǒu mǎi dào?
疑問形3(主語)+(動詞)+(結果補語)+()+没有?你买到了没有?
Nǐ mǎi dào le méiyǒu?

は「目的を達成する」という意味の結果補語です。

結果補語は動作の結果どうなったかを表すときはを伴います。「我买到了。」といえば「わたしは買う目的を達成した」という意味です。否定は没有もしくはを使います。「我没买到。」は「わたしは買う目的を達成できなかった」という意味です。

目的語はがあればの後ろに、がなければ結果補語の後ろに置かれます。「わたしは電車の切符を二枚買う目的を達成した」という場合、「我买到了两张火车票。」と言います。

第九課文法項目(3) ~ 方向補語 ~

方向補語とは動詞や形容詞の後ろに付き、前の動詞・形容詞の方向的な意味合いと、派生的な意味を表します。ネイティブにとっては当たり前のように使われますが、外国人であるわたしたちにとっては意味をつかみにくい項目です。

方向補語には可能補語と同じ形式のものと、結果補語と同じ形式のものがあります。起来という方向補語を例に見てみましょう。

構造例文
可能補語形式(主語)+(動詞)++(方向補語)我站得起来。
Wǒ zhàn de qǐlái.
結果補語形式(主語)+(動詞)+(方向補語)+(我站起来了。
Wǒ zhàn qǐlái le.

起来は「~すると」という意味がありますが、多くの場合「上方に起き上がる」という意味を表します。zhàn)は「立つ」という意味の動詞で、站得起来は「立ち上がることができる」、站起来了は「立ち上がった」という意味になります。

このように方向補語は可能補語形式と結果補語形式があります。否定形や疑問形はそれぞれ可能補語と結果補語と同じです。方向補語には以下の種類があります。

方向補語ピンイン代表的な意味
lái~してくる、~してみる
~して行く
shàng動作が上方へ行われる、目的を達成する
xià動作が下方へ行われる、物が離れる
jìn動作が外から中へ行われる
chū動作が中から外へ行われる
huí元の場所に戻す
guò通り過ぎることを表す、動作がある段階を超える
~し始める、能力の有無を表す
kāi離れる、広まる
上来shànglái動作が上へ向かってくる、動作が成功する
上去shàngqù動作が上へ向かっていく、添加・集中を表す
下来xiàlái動作が下へ向かってくる、動作が続いてくる
下去xiàqù動作が下へ向かっていく、動作が続いていく
进来jìnlái動作が外から中へ向かってくる
进去jìnqù動作が外から中へ向かっていく
出来chūlái動作が中から外へ向かってくる、動作の実現
出去chūqù動作が中から外へ向かっていく、漏れ出る
回来huílái元の場所に戻ってくる
回去huíqù元の場所に戻っていく
过来guòlái動作が話し手に向かってくる、向きを変える
过去guòqù動作が話し手から遠ざかる、反対へ向きを変える
起来qǐlái動作が下から上へ行われる、条件句

方向補語はネイティブにとって簡単ですが、外国人にとっては非常に分かりにくいものです。初級では簡単に触れる程度にしておき、詳しくは中級にて解説します。

第九課文法項目の例文

以下、例文を見てみましょう。

例文
他说得非常粗暴。 Tā shuō de fēicháng cūbào.
(彼は言い方が乱暴だ。)
我没吃饱。 Wǒ méi chībǎo.
(私は満腹になってはいません。)
她演得怎么样? Tā yǎn de zěnmeyàng?
(彼女の演技はどうでしたか?)
我听明白了。 Wǒ tīng míngbai le.
(私は聞いて分かりました。)

ホーム / 初級中国語トップ / 第十課へ

このページをシェアする

スポンサーリンク