儿化について

「有点」を「有点儿yǒudiǎr」と発音すると多くの本には書いてあります。このように語尾にrの発音をともなうことを儿化érhuà)といいます。日本語で言えば「アル化」ですね。

この儿化は最初のうちは特に覚えなくともよいでしょう。慣れないうちからむりやりアル化する必要はありません。中国南方の人はほとんどアル化しません。北方方言の人は自然とアル化の発音が多くなりますが、アル化しないからといって間違いではありません。先にアル化しない発音を覚えてください。学習を進めていく上で、流暢に話せるようになってから余裕があればアル化するだけでけっこうです。

なお、学校で勉強されている方は「同じ単語でもアル化していないものとアル化したものでは意味が違う」と習うかもしれません。確かに書物の上で区別しなければならないことはあるかもしれませんが、口語ではそれほど区別されてはいないようです。自分で話す際はそれほどアル化を神経質にとらえる必要はありません。

ホーム / 中国語学習情報トップ / 中国語学習法へ

このページをシェアする

スポンサーリンク