「r」と「l」の区別

「r」の発音は日本人にとっては難しいですよね。まずは中国語と日本語で発音の似た単語を聞き比べてみましょう。

中国語の「r」「l」と日本語の違い
中国語:日夕 rìxī(昼夜)
中国語:利息 lìxī(利息)
日本語:利子 りし

教科書の最初の方に「日本人rìběnrén)」が出てくるけども、「r」が2個もあって最初の最初でつまづいてしまいがちです。「l」なら日本語の「ら行」で代用できます。しかし「r」を「ら行」で代用するとなかなか通じないんですよね。では「r」の発音のコツを見ていきましょう。

スポンサーリンク

「r」の発音のポイント

「ri」を例に練習してみましょう。

1. まず日本語で「り」と発音してみてください。
2. 口はそのまま動かさないで舌を口の中につけずに「り」と発音してみてください。
3. 軽く発音すると「い」になってしまうため、もう少し舌を後ろの方にして強めに「り」と言ってみてください。

いかがでしょうか?ポイントは舌の位置です。日本語で「り」と発音するときは舌は口の中の前の方で動きますが、中国語の「ri」は舌を「り」より後ろの方にします。舌を上に上げて後ろに曲げる、これが「r」の発音のポイントです。息の流れと逆方向に舌が曲がるため、発音を強くしないと正しい発音にはなりません。中国語の練習をするときは声を大きめに、強めにしてくださいね。

それでは「r」で始まる単語の発音例を見てみましょう。

「r」の発音
热菜 rècài(温かい料理)
染头发 rǎntóufa(髪を染める)
人才 réncái(人材)
让座 ràngzuò(席をゆずる)

舌を上げるという動きが最初のうちは慣れないかもしれませんが、何度も練習すればできるようになってきます。頑張って数をこなしてみましょう!

「l」の発音について

「l」の発音は日本人にとってはとても簡単です。日本語の「らりるれろ」で代用が聞くからです。「l」で始まる単語の発音例をいくつか見てみましょう。

「l」の発音
冷菜 lěngcài(冷たい料理)
乐趣 lèqù(楽しみ)
逻辑 luóji(ロジック)
垃圾 lājī(ゴミ)

「l」の発音は簡単なうえ、特に他に混同してしまうような発音もありません。なので、日本語の「ら行」と同じ発音でOKです。

ちなみに、中国人でもこの「r」と「l」の区別ができない人もいるようです。自分が確認した限りでは江蘇省北部の人がそうでしたね。「なんだ、中国人でもできない人がいるんだ」と思うとちょっとした気休めにはなりますが、「r」と「l」の区別ができないとなかなか苦労するので、きちんと使い分けができるように練習しましょう!

ホーム / 中国語学習情報トップ / 「r」と「sh」の違い

このページをシェアする

スポンサーリンク