効果的な学習法

最も効果的に中国語が上達する学習法を紹介します。以下の3つがその学習法です。

  1. 単語を覚える
  2. 文法を覚える
  3. 読む、聞く、話す、書くを繰り返す

ものすごく当たり前のことを言っているようですが、実は上記3点は、外国語を上達させる上でいちばんの近道であり、最も効果的な方法でもあります。逆にいえば、なかなか上達しないとお悩みの方は上記3点をおろそかにしているおそれがあります。

巷には「○○をやれば絶対に上達する」とか、「聞いているだけで身につく」などの甘い言葉が溢れていますが、こういった広告的なうたい文句には惑わされないようにしましょう。思春期(12歳近辺)を超えてからは、一般的には努力なしに外国語を使えるようになりません(これを言語学の第二言語習得論という分野で臨界期仮説と呼んでいます)。成人が外国語を習得するためには、「単語を覚え」て「文法を使える」ようにして「読む・聞く・話す・書くを繰り返す」という流れが重要なのです。

よく聞く「シャドウイング」はどうかというと、これは「ネイティブの発音を聞きながら自分も同じ言葉を発声する」という練習方法なのですが、やっていることは「聞く・話すを繰り返す」ことと同じです。つまり、シャドウイングは一部の練習をしているだけで、唯一の上達方法ではありません。シャドウイングは「聞く・話す」の練習には有益ですが、それだけでは不十分なのです。

スポンサーリンク

学習法のポイント

「単語を覚える」と「文法を覚える」には上達を早める学習順序があります。「読む、聞く、話す、書くを繰り返す」という学習法にもコツがあります。次のページから3つのポイントについての解説をそれぞれご覧ください。

ホーム / 中国語学習情報トップ / 単語を覚えるへ

このページをシェアする

スポンサーリンク