文法を覚える

「中国語に文法がない」とはよく聞く話です。私の中国人の友達もそのように言う人もいます。でも、本当に文法がないということはありえません。「中国語に文法がない」という言葉を私なりに言い換えると、「英語や日本語などに比べると、ある程度柔軟性があるようだ。だから文法がないように思える。」となります。つまり、動詞が活用変化しないとか、目的語は文の最初でも動詞の後でもよいとか、中国語のそういう特徴から「文法がない」と錯覚してしまうのです。

例を挙げましょう。

  1. 我们从这里跳下去吧。
  2. 他们这样闹下去,就不能解决问题了。

例文1の跳下去はどういう意味でしょうか?少しでも中国語をかじったことのある人なら、「“飛んで下に行く”だから“飛び降りる”という意味だ」と分かるでしょう。例文の意味は「ここから飛び降りよう!」です。

では例文2の闹下去はどうでしょうか?「“”は“騒ぐ・(よくないことを)する”だから“騒いで下に行く”という意味だ」とするのは間違いです。下去は方向補語で、動詞の後に付き、「~し続ける」という意味をもちます。そのため、闹下去は「(あまり好ましくないことを)し続ける」という意味です。例文の意味は「彼らがこんなふうにやり続けていくと、問題は解決できなくなる。」という訳が適しています。

このように、文法項目を知らずにいると、意味に大きなズレを生じる場合があります。特に上記例文で挙げた補語は中国語文法の要で、「動詞+補語」の構造は、英語の過去形・現在進行形などに匹敵するほど、実に多彩な意味をもつようになります。

スポンサーリンク

文法学習のコツ

文法を学習する順序ですが、まずは全文法項目を把握することが先決です。この段階では内容を詳しく知る必要はありません。とにかく「中国語にはこういう文法項目があるんだ」ということを学習しましょう。

次のステップは文法の重要項目を徹底的に理解することです。特に補語は中国語文法において最重要事項ですので、重点的に勉強しましょう。(この補語については中級中国語にて詳しく解説しています。)

最後に、中級以上を目指す方は虚詞の細かい意味を覚えていきましょう。虚詞とは、「副詞・介詞・助詞・接続詞・感嘆詞など、文法的関係を示すことのみに使われ、文の主成分にならない語」のことです。簡単にいうとといった単語のことです。この虚詞の使い方をマスターできれば、文法は上級に達したといってよいでしょう。

  1. 全文法項目を広く浅く漏れなく把握する
  2. 重要項目を徹底的に理解する
  3. 虚詞の細かい意味と用法を覚える

ステップ1が終われば、初級終了です。たいていの文章は問題なく理解できます。2を終えることができれば、中国語文法はほぼ完璧でしょう。ネイティブとほぼ同等の中国語レベルを目指す方は3を目標としましょう。

ホーム / 中国語学習情報トップ / 読・聞・話・書を繰り返すへ

このページをシェアする

スポンサーリンク