HSKの資格効果

HSKの成績レポートの用途として、公式サイトでは以下の4つを挙げています。

  1. 学生募集の際のクラス分け、授業免除、単位授与の参考として使用
  2. 会社等の採用や昇進の参考として使用
  3. 中国語学習者自身の目標設定とレベル把握の参考として使用
  4. 中国語教育機関における学生評価の参考として使用

特に1においては、中国の学校の正規課程へ留学する際の唯一の中国語レベルを公的に証明する検定試験として有効です。一方で2においては、日本の会社の場合、まだ中検(中国語検定)の方が知名度が高く、資格欄に記入しても追加での説明が必要になるかもしれません。ただ、企業の採用担当者の間には認知されつつあるので、これからどんどん広まっていくでしょう。

3については、特に独学や業務の必要性で学習した方が、客観的に自身の中国語レベルを測るうえで有効な検定試験といえます。4については、学習者視点というよりは教育者視点であり、中国語教育者の方が生徒の学習到達度を測るうえで有効であるといえるでしょう。

日本語の公式サイトでは、資格の効果をより詳しく紹介しておりますので、そちらも併せてご参考ください。

ホーム / 中国語学習情報トップ / HSKKについてへ

このページをシェアする

スポンサーリンク