結果補語

形式構造
肯定形(動詞)+(結果補語)+了 / 过
否定形没 / 没有+(動詞)+(結果補語)
疑問形1(動詞)+(結果補語)+了 / 过
疑問形2(動詞)+(結果補語)+了 / 过没有

まずはこの語順を完璧に覚えましょう。

1. 我看明白了。 (私は見て分かりました。)
2. 我还没做完。 (まだやり終えていません。)
3. 我写错了他的名字。 (私は彼の名前を書き間違えました。)
4. 她没听懂我说的意思。 (彼女は私の言ったことを聞いたけれども分かっていません。)
5. 桌上擦干净了吗? (テーブルの上を拭いて綺麗にしましたか?)
6. 吃饱了没有? (お腹いっぱいになりましたか?)
7. 我以前看见过龙卷风。 (私は以前、竜巻を見たことがある。)

例文1は、動詞が、結果補語が形容詞の明白で、「見た結果、分かった」という意味です。例文2は、動詞がで結果補語が動詞のです。それをで否定しています。「することが終わっていない」という意味です。2つの例文を見れば分かるように、結果補語には形容詞と動詞のものがあります。

また、例文3のように目的語はもしくはの後に置かれます。否定形でが消滅する場合は、例文4のように結果補語の直後に目的語が置かれます。

疑問文は例文5と6のようになります。例文5はをともなう形、例文6は反復疑問文です。

結果補語の後ろにをともなうケースは実際は少ないですが、例文7のような使われ方をする場合があります。間違いではありませんので覚えておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

動詞と結果補語の組み合わせ

実際にどのような組み合わせとなるのか、これにはある一定の決まりがあります。「この動詞の後ろにはこの結果補語が使われる」というようなお決まりの組み合わせがあります。このお決まりの組み合わせを一つ一つ覚えていくことが、初級脱却のポイントです。

中国語の動詞は英語やフランス語のように動詞自体が活用することはありません。そのため、学び始めたころは簡単だと思うかもしれませんが、学習を深めれば深めるほど難しくなることに気づくはずです。というのも、中国語はこのお決まりの組み合わせを覚えていかなければ中級から上に行くことができないからです。この組み合わせのことを中国語で搭配(dāpèi)といいます。以下に代表的な動詞と結果補語の搭配で例文を作成しましたので、ご覧ください。

1. 我记住了那个词语的意思。 (私はその単語の意味を覚えました。)
(覚える)+(確実・安定した状態になる)→记住(覚えた結果、記憶が確実になった)
2. 你把钥匙拿好。 (鍵をちゃんと持ってね。)
(持つ)+(完成・満足のいく状態になる)→拿好(持った結果、持つ動作が完成した)
3. 他们已经搬走了。 (彼らはもう引っ越しました。)
(引っ越す)+(その場を離れた状態になる)→搬走(引っ越してその場を離れた)
4. 我还没找到工作。 (仕事はまだ見つかっていません。)
(探す)+(動作がある場所・時点・目標まで達する)→找到(探しあてた)
5. 麻烦你,把这句日语翻译成中文好吗?
(すみませんがこの日本語を中国語に訳してくれませんか?)
翻译(訳す)+(別のものに変える、~にする)→翻译成(訳して~にする)
6. 犯罪嫌疑人已经被警察抓住了。 (容疑者はすでに警察に捕らえられた。)
(捕まえる)+(確実・安定した状態になる)→抓住(しっかりと捕まえた状態にした)
7. 昨晚我没睡好。 (昨日の夜、よく眠れませんでした。)
(寝る)+(完成・満足のいく状態になる)→睡好(よく眠れた)
8. 在哪呢?哦,我看到你了。 (どこかなぁ?ああ、見えた。)
(見る)+(動作がある場所・時点・目標まで達する)→看到(見る動作が達成された)
9. 中国菜吃惯了吗? (中国料理は食べ慣れましたか?)
(食べる)+(慣れる)→吃惯(食べて食べることが慣れた)
10. 演唱会的票买到了没有? (コンサートのチケット買って手に入れた?)
(買う)+(動作がある場所・時点・目標まで達する)→买到(買う動作が達成された)
11. 我跟主管商量好了。 (私は管理責任者とよく相談しました。)
商量(相談する)+(完成・満足のいく状態になる)→商量好(相談して相談結果がまとまった)
12. 你说了什么?我没听见。 (何か言った?聞こえなかったよ。)
(聞く)+(感じ取る)→听见(聞いた結果、聞いたことが感じ取れた、つまり聞こえた)

この「~をした結果、~の状態になる」という発想が結果補語の基本であり、本質です。もちろん日本語に訳すときはそのまま訳すと説明がましくなるので、場合に応じた意訳を心がけましょう。さあ、次は可能補語です。

ホーム / 中級中国語トップ / 可能補語へ

このページをシェアする

スポンサーリンク