状態補語

形式構造
肯定形動詞 / 形容詞++状態補語
否定形動詞 / 形容詞++状態補語
疑問形1動詞 / 形容詞++状態補語+
疑問形2動詞 / 形容詞++状態補語++状態補語?

状態補語は、動詞の動作もしくは形容詞の形容がどのような状態であるかを説明します。基本的な構造は、動詞(形容詞)の後ろにがあり、その後ろに状態補語が来て動詞(形容詞)の状態を補足説明します。例えば「彼はバドミントンがうまい。」というときに、「他打羽毛球打得很好。」といいます。動詞はで、そのの程度をの後ろでと説明しています。否定文で「彼はバドミントンが下手」というときは、「他打羽毛球打得不好。」です。

目的語の位置ですが、文法規則的には動詞の後ろですので「他打羽毛球得很好。」といってしまいそうですが、これは間違いです。状態補語は動詞の直後で、間に目的語を挟みません。 いったん前で他打羽毛球といっておいて後ろに打得很好を加えるのが正しい語順です。

1. 他跑得很快。 (彼は走るのが速い。)
2. 你说汉语说得很流利! (あなたの中国語はとても流暢ですね!)
3. 我字写得不漂亮。 (私の書く字は綺麗ではありません。)
4. 她唱得好不好? (彼女は歌がうまいですか?)

状態補語の基本は「AB」で「Aの状態がB」」です。例文1と2はその典型で、例文1は「走ることが速い」、例文2は「話すことが流暢だ」という意味です。例文3は否定形です。「我写字写得不漂亮。」としても同じで、前方の動詞・は省略可能です。例文4のように、疑問文は状態補語の部分を反復疑問文にします。「她唱得好吗?」とただを加えるだけでもOKです。

スポンサーリンク

動詞 / 形容詞と状態補語の組み合わせ

動詞および形容詞と状態補語の組み合わせを挙げます。

1. 你来得太晩了,明天早点过来吧。 (来るのが遅すぎます。明日は早めに来て下さい。)
(来る)+(時間が遅い)
2. 你长得很帅。 (あなたはかっこいいですね。)
(育つ)+(かっこいい)
3. 她长得挺漂亮的。 (彼女はとても綺麗です。)
(育つ)+漂亮(綺麗だ)
4. 你最近过得怎么样?-还好。 (最近どう?-まあまあです。)
(すごす)+怎么样(どのような)
5. 能不能说得详细点? (もう少し詳しく話してもらえませんか?)
(話す)+详细(詳しい)
6. 搞得这么复杂! (こんなに複雑なの?)
(する)+复杂(複雑だ)→「やることが複雑だ」
7. 一定会玩得愉快的! (絶対に楽しく遊べるよ!)
(遊ぶ)+愉快(楽しい) 一定会~的(きっと~のはずだ)

以上で状態補語の解説を終わりにします。

ホーム / 中級中国語トップ / その他補語へ

このページをシェアする

スポンサーリンク