時制に関する語順

時間を表す表現の語順です。

13. (時点)+主語+(時点)+動詞/「」+目的語
明天我去学校。 (私は明日学校へ行きます。)
我明天去学校。 (私は明日学校へ行きます。)
時点は主語の前、もしくは動詞の前に置きます。
14. 主語+動詞+「/」+回数+目的語
我去过三次上海。 (私は上海へ三回行ったことがあります。)
動詞の後ろに「过 / 了」を置き、その後ろに回数を置きます。目的語は回数の後ろに置きましょう。
15. 主語+動詞+「/」+目的語+回数
我问了他两次。 (私は彼に二回聞きました。)
14と同じですが、目的語が代詞となる場合は、目的語を前に、その後ろに回数を言います。
16. 主語+動詞+「/」+時量
我学过三年。 (私は三年間学んだことがあります。)
她看了两个小时。 (彼女は二時間見ました。)
「どのくらいの期間何々をした」というとき、動詞の後ろに「过 / 了」を置き、その後ろに時量を置きます。
17. 主語+動詞+「/」+時量+「」+目的語
我学过三年的太极拳。 (私は太極拳を三年間学んだことがあります。)
她看了两个小时的电视。 (彼女はテレビを二時間見ました。)
語順16で目的語をとる場合、時量の後ろにを置き、それから目的語を置きます。このは省略することもできます。
18. 主語+動詞+目的語+動詞+「/」+時量
我学太极拳学过三年。 (私は太極拳を三年間学んだことがあります。)
她看电视看了两个小时。 (彼女はテレビを二時間見ました。)
語順17と全く同じ意味です。動詞の直後に目的語を置く場合は、後ろに重複して動詞を置きます。
19. 主語+動詞+「」+時量+「
我学了三年了。 (私は学んで三年になります(今も学んでいる)。)
她看了两个小时了。 (彼女は見て二時間になります(今も見ている)。)
動詞の直後、及び文末にが付くと、動作が継続して現在も行われていることを表します。
20. 主語+動詞+目的語+動詞+「」+時量+「
我学中文学了五年了。 (私は中国語を学んで五年になります(今も学んでいる)。)
她看电视看了两个小时了。 (彼女はテレビを見て二時間になります(今も見ている)。)
語順19で目的語を取る場合、このようになります。なお、「我学了五年的中文了。」とはあまり言わないようです。

ホーム / 中級中国語トップ / 多音字へ

このページをシェアする

スポンサーリンク